仮想通貨は投機

仮想通貨は投機だと思う。つまり生活に支障が無い程度に仮想通貨を購入するのは問題ないと思う。たとえば無借金の年収400万円の人が1万円程度の仮想通貨を持つ、という話だ。

全財産の5%以上を仮想通貨にするようなことは、すべきではない。仮想通貨を持つのは、せいぜい全財産の2%程度までに抑えるべきである。すべての仮想通貨を合計して全財産の2%である。

仮想通貨は値動きが激しすぎるし、金利や配当金が無い。ブロックチェーンなので政府が管理しているわけでもなく、そして限りなくゼロになる可能性も否定できない。

仮想通貨以外でも投資できるモノはたくさんある。株、外国債、社債、FX、商品先物、REITなどなど、仮想通貨にこだわる必要はない。

不動産投資のリスク その2 考えるべき可能性

空室が出て、なかなか借主が決まらない可能性

不動産購入の際に変動金利でお金を借りて、金利が急上昇する可能性。

当該不動産で需給ギャップが起きて 賃料が下落する可能性

借主が賃料を払わなくなる可能性。(借主の収入や人間性の問題)

 

 

不動産投資のリスクを知るべき

投資不動産の購入を安易に考えるべきではありません。いくつものリスクがあります。

土地価格の下落の可能性。

建物の劣化。

マンションなら修繕積立金が上昇したり管理費が上昇したり。

事件事故(自殺や殺人事件)で価値の減少の可能性。

災害(水害、地震、津波)での価値の減少の可能性。

当該不動産の近くに問題のある住人が住んでいたことが発覚した場合も価値下落の可能性。

土壌汚染が発覚した場合も価値が下落する可能性があります。

建物の南側に大きな建物が建てば、日陰で価値が下落するかもしれません。

建物の周りに騒音や悪臭のある建物が建った場合も、価値が下落するかもしれません。

建物の周りに火葬場が建った場合も価値が下落するかもしれません。

 

 

本日の日経平均は429ポイント安

本日の日経平均は429ポイント安だった。これが もみ合い相場の1波か暴落の前触れか? どちらかはわからない。