『割安感』や『割高感』に注意。ロスカットラインの設定は重要

特に上場株式においては『割安感』や『割高感』という言葉が しばしば使われます。

しかし、割安感がいくらあったとしても、値が下がるときは その割安感の水準よりもはるかに値が下がることもある。同様に、割高感があっても、その水準から何倍も上がることがある。

つまり、人が言う 『割安感』や『割高感』という言葉はまったく信用できないのです。それよりも、どんな水準の値で買ったり、買い建てたり、売り建てたりしても、必ず、ロスカット水準を設定して、その設定通りにロスカットすることが重要です。そうしないと、損失が膨らむばかりで、大損することがあります。

つまり 投資に一番大切なことは ロスカットなのです。相場の格言でも『見切り千両、損切り万両』ということばがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です